診療科・各部門

リハビリテーション科

写真1

木村病院リハビリテーション科は、強力なチームワークのもと和やかな雰囲気でリハビリテーションを提供し、患者さんの入院生活及び日常生活をサポートしております。

リハビリテーション科 基本方針

  1. 患者さん主体の医療を心がけ、他職種との連携を図り、リハビリテーションを提供します。
  2. 早期から集中的にリハビリテーションを行い、入院患者さんへ日・祝日の治療・訓練が行える体制を充実させ、一日も早い在宅復帰・社会復帰を目指します。

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション
  • 廃用症候群リハビリテーション(Ⅰ)

スタッフ数

理学療法士23名、作業療法士14名、言語聴覚士3名
一般病床・地域包括ケア病床担当、外来担当、回復期リハビリテーション病棟担当、在宅担当に分かれて業務を行っています。

当院リハビリテーション科の特徴

365日体制
入院患者さんに対して365日体制でのリハビリテーションの提供を行っております。
チームアプローチ
急性期病院として、日々変化する患者さんの状態に対応するため、カンファレンスを毎日行っております。カンファレンスでは患者さんの状況報告や今後の治療方針について医師や看護師、管理栄養士、ソーシャル・ワーカー等と共に多職種で話し合いを行い、密な連携を図っております。
脳血管疾患等リハビリテーション
脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などの脳血管疾患、脊髄損傷・脊髄腫瘍などの中枢神経疾患等を有する方を対象に、基本的動作・日常生活動作・社会適応能力・高次脳機能障害への専門的な治療・訓練を行い、日常生活自立に向けた諸活動の実現を目標としてリハビリを行います。
  • 写真5
  • 写真6
運動器リハビリテーション
上腕骨骨折、前腕骨骨折、脊椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折、下腿骨骨折等の患者さんに対して、受傷後または手術後早い段階からリハビリテーションを行っております。
スポーツ整形外科医師のもと、スポーツに関連した疾患(反復性肩関節脱臼や腱板断裂、膝前十字靱帯損傷など)の患者さんに対してリハビリテーションを行っております。
  • 写真2
  • 写真3
呼吸器リハビリテーション
写真10

呼吸器疾患を有する患者さんに対して、リハビリテーションを行っております。
当院では「呼吸リハビリ教育入院」も行っております。

がん患者リハビリテーション
厚生労働省委託事業による「がん患者リハビリテーション」に関する研修に、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が参加し、施設基準の許可を受けて、がん患者リハビリテーションを行っています。
具体的には、脳や脊髄の腫瘍による手足の麻痺、乳がん術後の方の運動障害や腕のむくみ、子宮がんの術後の足のむくみ、抗がん剤や放射線治療での安静がつづき、手足の筋力や体力の低下、骨や筋肉のがん進行による歩行障害などが挙げられます。これらの障害に対してさまざまなリハビリテーションを行なうことで、回復力やQOLを高め、出来るだけ早く家庭や社会に復帰することが可能です。これが、がんリハビリテーションの大きな役割です。
廃用症候群リハビリテーション
廃用症候群とは、病気や怪我などで長期安静にしていることによって生じる障害です。過度の安静や体を動かさないことにより筋肉は衰え、関節の動きも悪くなり心肺機能も低下します。そのような方を対象にリハビリテーションを行なっていきます。
嚥下リハビリテーション
嚥下障害を認める誤嚥性肺炎などの患者さんに対してリハビリテーションを行います。
詳しく知りたい方はこちらへ。
通所リハビリテーション
介護保険において「要支援1」以上の認定区分をお持ちの方を対象に、リハビリテーションを行っています。 当院の通所リハビリテーションでは、リハビリだけを受けて短時間で帰りたい方、個別リハビリを希望される方、などを対象に行っています。送迎範囲など、詳しく知りたい方はこちらへ