診療科・各部門

看護部

看護部の理念

私たちは、やさしい心とあたたかい手で、
あなたがいてくれて“安心”の看護を実践します。

看護部の方針

  1. 生命の尊厳と患者の権利を守り、個人を尊重し、患者・家族に寄り添い、心地よく安全な看護を提供します。
  2. 1人ひとりが、生活者としての「患者を看る目」と、「患者を助ける手」で心をこめて支援します。
  3. 24時間365日、適切な救急対応を行います。
  4. 住み慣れた地域で療養生活ができるよう、地域包括ケアシステムに貢献します。
  5. 他部門・他職種との協働を深め、チーム医療の向上に努めます。
  6. 専門職として自己研鑽と人材育成に努め、科学の知と臨床の知を高めます。

看護体制

看護配置基準
急性期一般病棟
緩和ケア病棟
7:1
地域包括ケア病棟
回復期リハビリ病棟
13:1
看護単位
  • 急性期一般病棟(北棟・南棟)48床
  • 地域包括ケア病棟 24床
  • 回復期リハビリ病棟 30床
  • 緩和ケア病棟 19床
  • 手術室、外来・救急外来、消化器内視鏡センター、健診センター
勤務体制
看護方式 固定チームナーシング継続受持ち方式(機能別看護を一部採用)
プライマリーナーシング
夜勤体制 2交替制
夜勤人数

急性期一般病棟 看護師4名
看護助手1名

地域包括ケア病棟 看護師2名

回復期リハビリ病棟 看護師2名

緩和ケア病棟 看護師2名

外来 看護師2名

夜勤回数 月平均4~6回 夜勤専従(8~9回)
勤務時間 日勤 8:30~17:00・9:00~17:30(休憩45分)
夜勤 16:30~翌9:30(休憩90分)
早出 7:00~15:30(休憩45分)・7:30~16:00(休憩45分)
遅出 12:30~21:00(休憩45分)・11:00~19:30(休憩45分)