診療科・各部門

リハビリテーション科

リハビリテーション科

外傷(たとえば骨折など)や疾病(たとえば脳卒中など)さまざまな外傷や疾病に対して最善の治療をうけてられても、日常動作(起床や起立・歩行、会話や食事、着替えやトイレ動作など)の支障や障害のため、自宅での生活や仕事復帰が困難となることがしばしばあります。
これらの支障や障害を改善し、自宅での生活や仕事復帰をするためには、リハビリテーションを行う必要があります。また、外傷や疾病の急性期・回復期・維持期などレベルに合わせたリハビリテーションを行うのが大切です。

当院では、手術前後や集中治療が必要な急性期から障害の予防や軽減を図るためのリハビリテーションをおこなっています。手術後や疾病状態が落ち着いてからは、自宅での生活に支障を来す様々な障害を改善するリハビリテーションを、疾患の種類や状態・程度に合わせて地域包括ケア病棟・回復期リハビリ病棟で行っています。

退院後は、外来リハビリや木村病院通所リハビリでの機能の維持や改善を図っています。

詳細は部門紹介リハビリテーション科へ

担当医のご紹介